山口県山口市 犬デンタルケア 猫デンタルケア

ワンちゃん、ねこちゃんのお口の中をじっーっと見てみたことがありますか?

 私たち人の歯と違い、ワンちゃん、ねこちゃんは、虫歯になりにくい歯をしています。だから、若いころは歯のトラブルが少なく、あまり口の中を気にする機会に出会わないのです。
 年を重ね、口臭が気になり始め、口の中を見てみると?
 歯の表面に歯石がびっしり!!!

歯石の原因は?

 歯石の原因は食べ物のカスではありません。だ液と細菌とその代謝物からできた歯垢(プラーク)が石灰化して固まったものが歯石となります。ワンちゃん、ねこちゃんはお口の中が、人間と違い、弱アルカリ性なので、歯垢や歯石がすぐに付きやすく、細菌の巣窟である歯垢は歯石の表面や歯周ポケットに入み、歯周病をどんどん悪化させ、歯石は歯肉を物理的に痩せさせてしまいます。そのままほっておくと、歯根周囲の骨が溶けてしまい、歯が抜け落ちたり・・・顎の骨が折れてしまったり・・・口の中だけでなく、心臓や腎臓、肝臓など内臓の病気へと進行していきます。口臭どころか大好きなご飯も食べられなくなってしまいます。

 わんちゃん、ねこちゃんも私たちと同じです。日頃のデンタルケアにより口の中のプラークコントロールをすることで、歯周病、歯石の付着を予防することができます。

 少しでも口臭が気になったら、お口の中をのぞいてみてあげてくだい。

歯周病にならないようにするには?

 人間は毎日、何回も歯磨きをするのに・・・・わんちゃんは?
そうです!歯周病の原因となる歯垢を定期的にきれいにしてあげること(プラークコントロール)が歯周病の一番の予防方法になります!!

『でも、うちの子、口触られるのが嫌いだし・・・』

 いきなり、歯ブラシを使っての歯磨きは難しく、長く継続することができません(>_
 わんちゃんも飼い主様も、練習が必要です!!当院スタッフと一緒に『歯のためにできること』ゆっくり勉強していきましょう!!

『でも、うちの子、歯石がたくさんついてて、歯磨きではよくなりそうにないかも・・・』

 まずはご相談ください。歯周病の治療、歯石の除去をしていくことで、歯磨きをはじめとした、ご自宅でのプラークコントロールを見直すきっかけが生まれます。

 当院では歯科検診や日頃の歯磨きの仕方も一緒に勉強できます。お気軽にスタッフまで、ご相談ください。